M&Aニュース検索

6038-1

イード、絵本ナビの株式を追加取得 「子育てメディア」ポジション確立目指す

  • 0
  • 2016年9月29日

メディア事業を手掛けるイード【6038】は、連結子会社である絵本ナビの株式を追加取得すると発表した。なお、取得価額は60,303千円。

絵本ナビは、市販の絵本が試し読みできる、絵本・児童書のメディアサイト「絵本ナビ」を運営している。掲載されている作品数は約64,000冊に達し、年間利用者数(UU)は1,000万人にもなる。特徴としてサイト内で1,800作品以上が無料で全ページ試し読みでき、7,500作品以上が数ページの試し読みができる。主な収益の方法はオンラインショップでの絵本作品の販売とメディアとしての広告費獲得が挙げられる。

イードは平成27年5月29日に絵本ナビを子会社化し、イードの持つWebメディア運営ノウハウ、デジタルコンテンツのマネタイズノウハウを提供してきた。また、平成28年2月に発表した絵本読み放題サービス「絵本ナビプレミアム」をNTTドコモの「スゴ得コンテンツ」で提供開始するなど、絵本ナビの事業拡大に積極的に取り組んでおり、子会社化以降着実に収益は増加している。

イードは、更に絵本ナビと関係性を深めるため株式を追加取得し、すでに運営している保護者&教育関係者向けニュースサイトである「リセマム」と絵本ナビを併せて、「子育てメディア」としてのポジションを確立していく考え。