M&Aニュース検索

2458

夢テクノロジー、日本サードパーティと資本業務提携

  • 0
  • 2016年9月28日

人材派遣などを手掛ける夢テクノロジー【2458】は、技術サービスのアウトソーシング事業やIT教育事業等を運営する日本サード・パーティ【2488】との間で資本業務提携契約を締結したと発表した。

夢テクノロジーは、その時々に応じた産業の趨勢や時流を読み、それに適合した人材の効率的な育成および派遣を標榜し、従来からIT関連分野の成長を見越し、プログラマーやシステムエンジニアといったIT関連のエンジニア派遣を積極的に行ってきた。さらなる成長のため、今後、大きく成長が見込まれる先端的IT技術の業界へ新たに本格的に参入していくとしている。

今回業務提携を行う日本サード・パーティは、昭和62年10月に、日本に進出する海外のテクノロジー企業向けに、テクニカルサービス、ヘルプデスク、トレーニングなどの技術サービスのアウトソーシングを提供する会社として設立。その後アウトソーシングにとどまらず、IT教育事業を行っており、東京都大阪に日本最大級のITトレーニングセンターを設置している。

夢テクノロジーは、平成28年5月下旬、夢エデュケーションを設立し、パートナー戦略として日本サード・パーティの代表取締役会長である長谷川将氏を顧問として招へいし、教育事業のアドバイスを受けていたが、長谷川氏の後援が有益であることに加え、日本サード・パーティは夢テクノロジーの教育事業領域以外にも、ブロックチェーンをはじめとした新規事業領域においてシナジーが多数見込まれたため、本資本業務提携により次世代技術における総合的なエンジニアの育成及び派遣を行っていくもの。