M&Aニュース検索

3908

コラボス、アイズファクトリーと合弁会社設立 コールセンター向けデータ解析サービス提供へ

  • 1
  • 2016年9月14日

企業のコールセンター向けクラウドシステムを提供するコラボス【3908】は、主にデータマイニングのコンサルティングを行うアイズファクトリーとの共同出資により、合弁会社「シーズファクトリー」を設立すると発表した。

アイズファクトリーは、データマイニング領域において豊富な経験と技術を有し、これまで高額なツールの導入と専門的な知識を必要としたデータ解析サービスを、クラウド・コンピューティング技術の利用と利便性の高いやさしいインターフェイスにより、使いやすいサービスとして業種問わず幅広く提供している。

企業におけるコールセンターの役割が従来までのコストセンターという位置付けから、VOC(Voice Of Customer)の活用、さらには利益に直結するプロフィットセンターへの進化を求められる中、コラボスのコールセンターシステム分野のノウハウと、アイズファクトリーのデータマイニング(企業に大量に蓄積されるデータを解析し、その中に潜む傾向等を探し出す技術)領域における分析コンサルティングの幅広い知見を組み合わることにより、企業のニーズを満たす新たなサービスの提供と新規事業の創出を目的として、今回、合弁会社の設立に至ったもの。

新会社では、コールセンターのデータ解析という分野に特化し、解析を汎用化、自動化することによる工数やコストの削減、またクラウド型サービスとして提供することによるシステム導入コストの低減により、企業と顧客のニーズに応えるサービスを提供すると同時に、顧客企業のデータ解析により蓄積される新たなデータやノウハウを用いることで、さらに付加価値の高いサービスの提供や顧客企業間でのデータ活用などを通じ、さらなる事業拡大を図る考え。