M&Aニュース検索

リログループ、米国Associates for International Research, Inc.を子会社化 海外における市場シェア向上へ

  • 1
  • 2016年9月14日

企業福利厚生の総合アウトソーシングを手掛けるリログループ【8876】は、米国で海外転勤に関するデータ提供などを行うAssociates for International Research, Inc.(以下「AIRINC」)の株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は2082百万円。

リログループは、「日本企業が世界で戦うために本業に集中できるよう、本業以外の業務をサポートする」を創業の原点とし、転勤留守宅管理事業・福利厚生アウトソーシング事業を展開。これに付随し、海外赴任者の送り出しサービス事業、海外での生活サポート事業を幅広く展開していくことを目指している。

AIRINCは、総収入で全米上位100社に入る企業等、グローバル企業を中心とした顧客基盤を持ち、生計指数をはじめとする海外赴任に関する各種データの販売およびサービスの提供を行っている。北米企業を中心に事業を展開してきた同社は、近年、欧州・アジア市場での販売を強化。平成24年には、同社の世界展開の一環として、リログループ傘下のリロケーション・インターナショナルと、AIRINC指数の日本における独占販売代理店契約を締結し、日本企業への指数販売において良好な関係を築いている。

今後、北米はもとより欧州・アジアなどでのさらなる市場シェア向上により業績伸張を目指すとともに、今回のAIRINCの株式取得を足掛かりとして、グループが目指す「日本初のグローバル・リロケーションカンパニー」の実現に向けた取り組みを本格化したい考え。