M&Aニュース検索

bcc

BCCホールディングス、子会社に吸収合併 IPOに向けて経営効率向上へ

  • 4
  • 2016年9月2日

IT営業アウトソーシング事業、介護レクリエーション事業を営むグループの持株会社であるBCCホールディングスは、子会社の営業創造およびスマイル・プラスと合併したと発表した。営業創造を存続会社とする吸収合併となり、BCCホールディングスおよびスマイル・プラスは解散する。また、合併後の存続会社である営業創造は、「BCC」に商号を変更し、権利義務の一切を承継した。

各事業の業績が着実に拡大するなかで、2016年6月に資金調達が完了。次の成長ステージに進めるため、グループ3社を合併するもの。

合併後のBCCは、「IT営業アウトソーシング事業」「介護レクリエーション事業」の2つのカンパニー体制をとり、株式上場に向けて、グループ間の連携を更に深めシナジー効果を発揮するとともに、経営効率を高めたい考え。