M&Aニュース検索

横浜冷凍、連結子会社がノルウェーのサプリメント製造企業の第三者割当増資引受け

  • 3
  • 2016年9月2日

食品販売事業・冷蔵倉庫事業を手掛ける横浜冷凍(以下「ヨコレイ」)【2874】は、連結子会社であるアライアンスシーフーズ(以下「ASF」)が、ノルウェーにおいてサプリメントの製造・販売を手掛けるHofseth Biocare ASA(以下「HBC」)が実施する第三者割当増資を引受けると発表した。なお、出資額は約6億円(5000万ノルウェークローネ)。

HBCは、サーモン製品を加工する際に発生する頭、骨、皮などの端材を原料とし、人用、ペットフード用、養殖のエサ用に利用されるオイル、プロテイン、カルシウムのサプリメント類を製造、販売。また、この事業を行っているノルウェーで唯一の企業であり、その製造技術は多くの特許を取得、品質において高く評価されている。今回の増資の目的は、製造ラインの拡張と最新設備の導入及び財務体質の強化。

ヨコレイグループは、今回の出資により、加工段階で発生する端材を有効活用したサプリメント製品を循環させることで、世界自然保護基金(WWF)の理念に合致した、持続可能性(サステナビリティ)事業に関与することとなる。