M&Aニュース検索

4722.1

フューチャー、魚栄商店の全株式を譲渡 地域の企業活性化へ

  • 9
  • 2016年9月1日

ITコンサルティングサービスを提供するフューチャー【4722】は、連結子会社で食品スーパーを経営する魚栄商店の全株式を、新潟県内でスーパーマーケットを展開するスポットへ譲渡することについて合意したと発表した。

フューチャーは、平成18年12月に魚栄商店を子会社化して以来、企業活性化事業と位置付け、マネジメントチームに深く参加することによる業務改革とITの改革を通じて、魚栄商店の業績改善に取り組んできた。子会社化当初は大幅赤字を計上していたものの、ITの積極活用などにより赤字が縮小、平成23年11月期から27年11月期まで(26年11月期を除く)において、経常利益ベースの通期黒字を達成した。

魚栄商店の再生に一定の効果が見えたことで、企業活性化の次のステップを模索していたところ、企業活性化事業のもう一つの役割であると認識してきた「地域の活性化を図る」観点から、食品スーパーとして再生した魚栄商店を地元に返すことで地域に貢献することが重要と判断、今回、魚栄商店の地元である新潟県で中堅スーパーを経営するスポットに、魚栄商店の全株式を譲渡するもの。