M&Aニュース検索

飯田グループHD、伊藤忠ウインドウズを子会社化

  • 3
  • 2016年8月31日

戸建分譲やマンション分譲などを手掛ける不動産関連グループの持株会社である飯田グループホールディングス(以下「飯田グループHD」)【3291】は、総合商社大手の伊藤忠商事【8001】より、伊藤忠ウインドウズの株式を取得し、子会社化したと発表した。また、同社の商号を「IGウインドウズ」に変更したことも、併せて発表した。

飯田グループでは、仕入れた土地に自社で設計した戸建住宅を自社で施工して顧客に販売する、いわゆる「建売住宅」の販売を行う戸建分譲事業、関東圏を中心として「プレシス」シリーズ、「センチュリー」シリーズ、「サンクレイドル」シリーズでブランド展開するマンションの供給を行うマンション分譲事業、規格型注文住宅と自由度の高い自由設計注文住宅の両方について工事を請け負う注文住宅事業、ほか住宅ビジネスに関連するさまざまな事業を展開している。

一方伊藤忠ウインドウズは、元となる板ガラスを国内・国外のメーカーより仕入れ、その板ガラスを独自の工場で加工して、光触媒ガラス、Low-Eガラス、防犯ガラスといった機能性複層ガラスを、建設業者や現場施工業者に販売している。

今回、飯田グループHDが伊藤忠商事より伊藤忠ウインドウズ株式の85%を取得し、伊藤忠ウインドウズは、IGウインドウズとして飯田グループ傘下で新たなスタートを切るもの。