M&Aニュース検索

6770

アルプス電気、子会社のアルプス・グリーンデバイスを吸収合併 事業基盤強化図る

  • 4
  • 2016年8月29日

電子・電気機械器具の製造・販売を手掛けるアルプス電気【6770】は、連結子会社であるアルプス・グリーンデバイスを吸収合併すると発表した。

アルプス・グリーンデバイスでは、設立以来、独自材料を応用したパワーインダクタや磁性材料技術と薄膜プロセス技術を融合した電流センサ等を開発・販売しており、スマートフォンやPCの低消費電力化および分電盤等の電力の可視化に貢献するなど、これまでに市場で一定の成果を収めてきた。また、アルプス電気では、重点テーマとしてエネルギー市場を掲げ、各種センサや通信モジュールの開発を進めると同時に、アルプス・グリーンデバイスが開発した製品を搭載した電力変換モジュールを新たに商品化するなど、同事業の本格化に向け取り組んでいる。

このアルプス・グリーンデバイスの事業について、アルプス電気が取り組むパワーエレクトロニクス事業およびオープンイノベーションとの連動性とシナジーの強化を一層推進し、また経営資源の効率的かつ柔軟な活用による事業基盤の強化を図るため、同社を吸収合併するもの。