M&Aニュース検索

ウイルコHD、ウィズコーポレーションを子会社化 グループの売上拡大へ

  • 1
  • 2016年8月29日

情報・印刷事業等を行うグループの持株会社であるウイルコホールディングス(以下「ウイルコHD」)【7831】は、音の出る絵本や教育玩具などの企画制作を手掛けるウィズコーポレーションの株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は750百万円。

ウイルコグループは、情報・印刷事業とメディア事業を中心に事業を展開。このうち、情報・印刷事業においては、一般的な商業印刷物のみならず、印刷加工機を駆使したポップアップするDM、両面に印刷された剥離紙のないシール、糊もハサミも要らないペーパークラフトなど独自製品の開発、製造、販売に注力してきた。

今回、音のでる絵本、教育玩具、雑誌等の付録・販促用景品の企画及び販売等を行っているウィズコーポレーション及びその傘下の東京書店等の子会社化により、互いの事業領域を拡大し、グループとして売上及び利益のさらなる向上が実現できると判断したもの。

具体的には、音の出る絵本とポップアップの技術を組み合わせることにより、視覚と聴覚に訴えかける新しい絵本の展開が可能になる、また、音声ペンを利用し遊びながら学習できる学童用英会話本の出版、簡単なプログラムにより動きが制御できる玩具、訪日観光客向けお土産の開発など多様なシナジーが期待できるとしている。