• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

ガンホー(3765)、海外展開でM&Aを積極活用

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)【3765】の森下一喜社長は3日の決算会見で、2014年12月期の成長戦略について、スマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」のユーザーを一段と伸ばすとともに、新タイトルを育成していく方針を示した。さらに、海外事業の拡大のため、M&A(合併・買収)を積極活用する意向を示した。

パズドラの国内の累計ダウンロード数は1月7日時点で2300万件を突破。さらに、森下社長によると、海外(北米、韓国、欧州7カ国、台湾、香港)のダウンロード数は昨年12月末で400~500万件に達した。今期は、パズドラをさらに伸ばすため、追加コンテンツをアップロードする計画で、今月中に詳細を発表する予定という。昨年12月末の現預金は648億円。森下社長は資金使途について「新しいゲームの開発と新しい技術の先行投資に使うのが基本。さらに、全世界でゲーム売上高世界一の地位をさらに拡大するため、海外を含めてM&A(合併・買収)を積極的に行いたい」と述べた。

昨年、フィンランドのスマホゲーム会社、スーパーセルをソフトバンク(株)【9984】と共同で買収したように、M&Aを海外展開に積極活用していく方針。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
このテーマに関するTwitterユーザーのリアクション