M&Aニュース検索

3608.1

TSIホールディングス、連結子会社の一部事業を譲渡 子会社構造改革の一環として

  • 1
  • 2016年8月22日

アパレル企業グループの持株会社であるTSIホールディングス【3608】は、連結子会社であるサンエー・インターナショナルが運営するヴィヴィアン タム事業に係る独占ライセンス契約並びに当該事業に係る店舗及び商品在庫資産を、婦人服の企画・製造・販売を行うマツオインターナショナルに譲渡すると発表した。

マツオインターナショナルは、1958年にテキスタイルの卸売会社として創業、「テキスタイル」「アパレル」の2つの事業を展開している。ショップでは婦人服を中心としながら、服飾雑貨・生活雑貨等、ヨーロッパ等からのインポートレーベルも含め幅広く取り扱うライフスタイル提案型の販売を行っており、海外出店も積極的に行っている。

今回、TSIグループ子会社の構造改革の一環として、事業の選択と集中を推し進めるため、ヴィヴィアン タムの8店舗(札幌三越店、仙台三越店、名鉄百貨店、福屋本店、福岡岩田屋店、池袋西武店、熊本鶴屋店、六本木ヒルズ店)及び商品在庫を、マツオインターナショナルへ譲渡するもの。