M&Aニュース検索

ソニー、ソニーフィナンシャルHDの株式の一部を取得 グループの企業価値向上へ

  • 2
  • 2016年8月18日

大手総合電機メーカーのソニー【6758】は、子会社であるソニーフィナンシャルホールディングス(以下「SFH」)【8729】の普通株式の一部を取得し、平成28年8月18日に、大量保有報告書(変更報告書)を提出したと発表した。なお、取得価額は約135億円。

今回の株式取得は、SFHとの関係性をより強化することにより、SFHおよびソニーグループ全体の企業価値の向上を図ることを目的とし、本取得によるソニー株主に帰属する純利益の増加の効果、市場動向等を総合的に勘案の上で決定したもの。

これにより、ソニーのSFH株式の保有比率は60.0%から62.1%となった。ソニーとしては、SFHの営む金融事業の特性に鑑み、SFHが引き続き上場企業として、経営の透明性を確保するとともに、独自の資金調達手段を保持していくことが望ましいとの考え。