M&Aニュース検索

6075

フォトライフ研究所、フォトクリエイトに対するTOB開始 CCCとフォトクリエイトの一体化へ

  • 6
  • 2016年8月18日

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC」)の完全子会社で写真領域を統括するフォトライフ研究所は、写真関連サービスを提供するフォトクリエイト【6075】の普通株式及び第2回・第3回新株予約権を、公開買付けにより取得すると発表した。なお、フォトクリエイトは今回の公開買付けに賛同の意を表明しており、買付け等の価格は普通株式1株につき金1950円、第2回新株予約権1個につき金70000円、第3回新株予約権1個につき金58000円。

フォトクリエイトは、インターネット写真サービス事業、フォトクラウド事業、広告・マーケティング支援事業の3つの事業を手掛けている。

一方フォトライフ研究所は、フォトクリエイト株式及び新株予約権を取得及び所有することを目的として、CCCが平成28年7月11日に写真領域を統括する法人として設立、CCCがその発行済株式の全てを所有している。

CCCは、フォトクリエイト株式の24.94%を所有、写真を通じた生活提案を行うべく、写真の撮影・保管・プリントの一貫した顧客価値を提供することを目的として、CCCが展開する各種事業をフォトクリエイトのサービスと組み合わせることで更なるサービスの向上を図るため、事業連携及び資本提携関係を強化してきた。

フォトクリエイトを取り巻く市場環境が急速に変化している状況の中、CCCは、重要事業ドメインである写真領域において確固たる地位を確立するために資本関係及び事業戦略を一体化した上で、CCC及びフォトクリエイトの経営資源を相互活用するなど、両社の意思決定の一体化と柔軟かつ戦略的な事業運営体制を整えることが必要であると判断、フォトクリエイトを非公開化することを目的とする取引の一環として、今回の公開買付けを実施するもの。