M&Aニュース検索

ディー・エル・イー、W mediaの株式取得 、TGC事業の一体経営へ

  • 1
  • 2016年8月16日

多くのヒットアニメキャラクターIPを保有し、それをベースとした著作権ビジネスを主導するディー・エル・イー(以下「DLE」)【3686】は、子会社であるTOKYO GIRLS COLLECTIONが、W mediaの株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は395百万円。

DLEは、開発・取得したIP(著作権や商標権等の知的財産権)を活用し、様々な消費者・企業・自治体へエンタテインメントによるソリューションサービスを提供。2015年6月にファッション・ビューティー領域へ事業拡大を図るため、ファッションフェスタ「東京ガールズコレクション(以下「TGC」)」の商標権を取得した。

TOKYO GIRLS COLLECTIONは、DLEが保有するTGC商標を活用した事業を推進することを目的として、2015年7月にDLEの子会社として設立された。

一方W mediaは、「TGC」を10年以上企画制作し史上最大級のファッションフェスタへと成長させた実績に加え、「東京ガールズミュージックフェス」といった都内最大級の音楽イベント、世界遺産下鴨神社(京都)で参道を光のアート空間に変える地方創生イベントなど多種多様なライブイベントに実績を持ち、今後予定される世界的なスポーツ大会等をはじめ将来拡大が予想されるライブエンタテインメント需要に対応できるノウハウを保有している。

「TGC」は、過去より“商標権”と“イベント・プロデュース会社”が分離していたが、2015年6月のDLEによる商標権取得後、DLEとW media は、TGCブランドの価値最大化に向けて協力体制を構築してきた。そのような中、国内外からの多様なビジネス機会に対応するため、今回“商標権”と“イベント・プロデュース会社”を統合し、TGC事業の一体経営による意思決定の迅速化、経営効率・収益性の向上を目指すもの。