M&Aニュース検索

ホッカンHD、保有するトーウンサービス株式をトーモクへ譲渡 経営資源集中へ

  • 3
  • 2016年8月8日

製缶、充填事業を行うホッカングループの持株会社であるホッカンホールディングス(以下「ホッカンHD」)【5902】は、同社及び子会社が保有するトーウンサービスの全株式を段ボール・紙器製造のトーモク【3946】へ譲渡すると発表した。なお、この譲渡に伴いトーウンサービスは、ホッカンHDの持分法適用関連会社から除外される。

トーウンサービスは、調達から輸送管理、在庫管理、配送までの物流を手掛けている。食品関連の物流に強みがあり、特に飲料分野においては、トーモクや北海製罐などで形成するグループ力を背景に、原材料供給から製造、卸売、小売までの流通段階の異なる事業者によって構成されるサプライチェーンのロジスティクスをデザインしてきた。

一方ホッカンHDにおいては、事業環境の変化を捉え、企業価値を一層高めるためには、経営資源を集中することが重要であると認識、保有するトーウンサービスの全株式をトーモクへ譲渡するもの。