M&Aニュース検索

8802

三菱地所、子会社を吸収合併 常盤橋街区再開発プロジェクト推進へ

  • 3
  • 2016年8月5日

オフィスビル・商業施設等の開発、賃貸、管理などを手掛ける三菱地所【8802】は、平成28年9月16日(予定)を効力発生日として、100%子会社であるグランドパーキングセンターを吸収合併すると発表した。三菱地所を存続会社とする吸収合併となり、グランドパーキングセンターは解散する。

三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区(東京都千代田区大手町2丁目他)において、「常盤橋街区再開発プロジェクト(以下「本事業」)」を進めている。本事業は、東京駅周辺で最大となる敷地面積3.1haに及ぶ大規模複合再開発であり、10年超の事業期間をかけて段階的に4棟のビル開発を進めるもの。また、東京の新たなランドマークとなる高さ390mの超高層タワーや東京駅前の新たな顔となる約7000㎡の大規模広場等を整備する。

グランドパーキングセンターは、東京都千代田区大手町二丁目2番に所在する建物の一部(以下「本資産」)を保有しているが、三菱地所は本資産を同社資産として直接保有し、本事業を円滑に進めることを目的に、今回の吸収合併を行うもの。