M&Aニュース検索

3807.1

フィスコ、連結子会社の第三者割当増資を引受け フィスコ仮想通貨取引所の本格稼働へ

  • 3
  • 2016年8月4日

金融関連情報を提供するフィスコ【3807】は、連結子会社であるフィスコ仮想通貨取引所が第三者割当増資を行い、フィスコもその一部を引受けると発表した。なお、今回の増資金額は45百万円で、うち15百万円をフィスコが出資する。

フィスコグループは、ビットコインを中心とした仮想通貨の情報、取引所、同システム、金融仲介機能を網羅し、IoTと産業分野への融合なども含めて、仮想通貨による一気通貫のサービス提供を可能とすることを戦略的な主柱としている。

自己資本増強による財務基盤の強化を図り、法人向けデリバティブ市場整備のためのシステム投資並びにトレーディングシステム開発といったフィスコ仮想通貨取引所の本格稼働に向けた設備投資に充当すること及び成長戦略の実現を目指すべく、今回フィスコ仮想通貨取引所の第三者割当増資を引受けるもの。