M&Aニュース検索

資本提携後のビジネススキーム

アクシスコンサルティング、 株式会社ケンブリッジ・リサーチ研究所の全株式取得

  • 1
  • 2016年8月2日

人材コンサルティング会社のアクシスコンサルティングケンブリッジ・リサーチ研究所の全株式を取得したことを発表した。

アクシスコンサルティングは、国内大手コンサルティングファームをメインクライアントとする人材紹介事業と、国内およびアジア諸国製造業のものつくりを支援する製造コンサルティング事業を展開しており、コンサルタントの転職支援においては国内大手に分類される。一方、ケンブリッジ・リサーチ研究所は、首都圏で最初の人材紹介会社として54年の歴史を持つパイオニア。人材紹介の領域は、日本を代表する製造・流通・IT・金融・サービス業界等。
AI、IoT、ビッグデータなど新しいビジネスの潮流が生じており、この動きに対応するため、先進的な企業はコンサルティングファーム出身者を自社の経営部門に取り込んでさらに変革スピードを上げようとするニーズがあり、コンサルティングファーム出身者の事業会社への人材紹介の需要が高まっている背景がある。

今後、両社の統合による事業シナジーによって、コンサルティングファーム出身者の事業会社への人材紹介、コンサルタント志望の事業会社在籍者への転職支援、ならびに製造業に対するものづくりコンサルティングを強化していくとしており、株式の取得後もケンブリッジ・リサーチ研究所は現経営陣による経営体制を引き続き維持し、両社の強みを生かした相乗効果の高いサービスを展開していくとしている。