M&Aニュース検索

2884

ヨシムラ・フードHD、エスケーフーズを子会社化 グループの業績拡大へ

  • 1
  • 2016年8月1日

食品関連事業を行うグループの持株会社であるヨシムラ・フード・ホールディングス(以下「ヨシムラ・フードHD」)【2884】は、チルド食品の製造販売を手掛けるエスケーフーズの株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は203百万円。

ヨシムラ・フードHDは、食品の製造および販売をおこなう中小企業の支援・活性化を目的とし、持株会社としてグループ全社の経営戦略の立案・実行および経営管理を行っている。各子会社の経営に関しては、営業、製造、仕入・物流、商品開発、品質管理、経営管理といった機能ごとに横断的に管理する「中小企業支援プラットフォーム」を構築、これまでにヨシムラ・フードHDは、事業承継問題や単独での成長に限界を感じている全国の中小食品企業に対し、ヨシムラ・フードHDが構築した「中小企業支援プラットフォーム」を提供することで、これらの問題を解決してきた。

一方エスケーフーズは、自社で製造するとんかつ、ハンバーグ、チキンカツ、メンチカツなどの惣菜や、海外から輸入するやきとりなどの食肉加工品等を、スーパー量販店や弁当製造会社向けに販売している。特に、「彩の国優良ブランド品」に認証されている「むさし野とんかつ」を主力商品としたチルド惣菜は、味、品質において高い評価を得ている。

今回の株式取得により、「中小企業支援プラットフォーム」の営業支援機能を活用し、ヨシムラ・フーズHDの取引先に対してエスケーフーズの商品を提案することで収益力の拡大を図り、一方で、エスケーフーズの販路を活用してヨシムラ・フーズ製品を販売することで、グループの業績拡大を図るもの。