M&Aニュース検索

日本調剤、連結子会社2社を吸収合併 更なる経営の効率化へ

  • 2
  • 2016年8月1日

調剤薬局チェーンを全国展開する日本調剤【3341】は、平成28年10月1日を効力発生日として、日本調剤100%子会社のきしねファーマシー及び大倉山ファーマシーの2社を日本調剤に吸収合併させると発表した。日本調剤を存続会社、きしねファーマシー及び大倉山ファーマシーの2社を消滅会社とする吸収合併となる。

日本調剤は、日本全国で調剤薬局チェーン展開を行うことにより、全国規模で良質な医療サービスを提供することを目的に事業展開している。

日本調剤が取得した調剤薬局子会社においても、直営店舗と同一のオペレーションを行い、直営店舗と同等の医療サービス提供を行っているが、今回の吸収合併により、調剤薬局事業としての管理一元化を狙いとして管理機能を強化し、さらなる経営の効率化を図るもの。