M&Aニュース検索

タイセイ、ヒラカワを連結子会社化 相互の事業拡大へ

  • 6
  • 2016年7月28日

業務用の製菓材料、包装資材、ラッピングを販売するタイセイ【3359】は、家庭用雑貨などの企画・販売を行うヒラカワの株式を取得し、連結子会社化すると発表した。

タイセイグループは、主にインターネット通販サイト「cotta(コッタ)」による製菓・製パン用食材および包装資材等の卸売事業(通信販売)をコア事業としながら、最近では食器・台所用品等の生活雑貨関連の商品群の企画・販売にも注力している。

一方ヒラカワは、創業以来60年余り、家庭用雑貨品・食品の企画・卸売・小売を事業とした会社である。

今回の株式取得により、タイセイグループが有する商品群をヒラカワの顧客に対して新たに提案していくことで販路の拡大が見込まれる。また、ヒラカワの有する商品群をタイセイの通販サイト「cotta」にて拡販していくことによって、タイセイの顧客に対して新たな商品を提供することも可能となる。さらに、両社が有するエンドユーザー等のニーズ情報を生かして、他社と差別化を図った新たな商材を開発していくことで、相互に事業拡大が期待でき、加えて、タイセイグループの物流プラットフォームをヒラカワが活用することによって、配送拠点の確保および効率化によるコストの削減にもつながるなど、双方にメリットが享受し合えることを期待するもの。