M&Aニュース検索

日本エスコン、新たに子会社設立 オペレーション事業の創出・強化へ

  • 2
  • 2016年7月27日

分譲マンション・商業施設等の企画・開発・販売などを行う日本エスコン【8892】は、次なる成長戦略の一環として、オペレーション事業を行う新会社「エスコンリビングサービス」を設立すると発表した。

日本エスコンは、住宅開発、商業開発、企画コンサル、商業施設運営管理等、多面的な不動産ビジネスを展開、直近においては、インバウンドニーズに応えたホテル開発事業や商品の付加価値の向上を目的とした自社開発のカフェ事業、JR大津駅における簡易宿泊施設における事業等、新たな事業にも着手している。

このような状況のなか、日本エスコングループの次なる成長戦略の要のひとつとして、新会社「エスコンリビングサービス」において、マンション管理、カフェオペレート、ホテルオペレート、民泊、リノベーション事業等オペレーション事業の創出、強化を図り、オペレーション能力を持った総合デベロッパーを目指すもの。