M&Aニュース検索

ウィルグループ、会社分割により子会社設立 スピーディーなサービス提供目指す

  • 4
  • 2016年7月25日

純粋持株会社のウィルグループ【6089】は、平成28年9月1日付で、連結子会社であるセントメディアの営むインターネット・IoT業界に特化した人材紹介事業を会社分割(新設分割)し、新設するネットジンザイバンクに承継するとともに、ウィルグループの100%子会社とすると発表した。

ウィルグループは、国内外で人材派遣、業務請負、人材紹介等の事業を展開している。連結子会社のセントメディアにおいては、ウィルグループの中核事業であるセールスアウトソーシング事業及びコールセンターアウトソーシング事業の他、新たな事業の柱を創出すべく様々な新規事業に取り組んできた。中でも、インターネット・IoT分野に特化して幹部人材の紹介事業を展開するネットジンザイバンク事業は、近年のIPOブームを背景とする幹部人材の需要の高まりを受け、ウィルグループの新たな事業の柱として着実に成長している。

今回の会社分割を行うことにより、変化の速いインターネット・IoT業界の顧客に対して、よりスピーディーかつフレキシブルなサービス提供を行い、顧客の成長をより一層エンパワーしていく考え。