M&Aニュース検索

3832.1

T&Cメディカルサイエンス、米国の大気造水機メーカーと合弁会社設立

  • 1
  • 2016年7月22日

医療関連事業を手掛けるT&Cメディカルサイエンス【3832】は、Drinkable Air, Inc. (以下「Drinkable Air社」 )と、Drinkable Air社の商品である「Chameleon 8」及びその関連商品をアジア地域に製造販売することを目的に、T&CメディカルサイエンスとDrinkable Air社の合弁会社として、日本に、Drinkable Air Asiaを設立する旨の覚書を締結したと発表した。

Drinkable Air社の商品である「Chameleon 8」は、大気中の水分から飲料水を製造し、個人及び商業向けに提供するウォータージェネレーターで、一般的なウォーターサーバーは、飲料水の入ったボトルやタンクを用いるが、「Chameleon 8」は大気中の水分を利用することから、ボトル等プラスチック製品を取扱わないので輸送負担がかからず、環境に優しく、コスト負担が軽減される。また、主に東南アジア地域等、安全で豊富な水の確保が困難な地域においては、湿度が高いことを利用することにより、大気中の水分から十分な量の水を製造することが可能と考えてられている。また、水に不便のない日本でも、災害現場や医療現場などの緊急事態においては、有効に機能するとしている。

今回、T&Cメディカルサイエンスは、Drinkable Air社との間で、アジアでのビジネス展開のファーストステップとして、日本及びバングラデシュにおいてDrinkable Air社商品の普及、拡大を図り、中長期的観点から両社の相互利益を促進、協力関係を構築することに合意したもの。