M&Aニュース検索

アゴーラ・ホスピタリティー・グループ、プライム・ハイト・インベストメント・リミテッドを子会社化

  • 2
  • 2016年7月19日

旅館、ホテル運営と不動産賃貸を手掛けるアゴーラ・ホスピタリティー・グループ(以下「アゴーラ」)【9704】は、純粋持株会社のプライム・ハイト・インベストメント・リミテッド(以下「プライム・ハイト」)の発行する株式の50%を取得し、子会社化するとともに、プライム・ハイト・インベストメント・リミテッドが匿名組合出資するホテル資産(不動産信託受益権)を取得すると発表した。なお、ホテル資産の取得価額は2450百万円。

アゴーラは、これまでグループの中核事業である宿泊事業における拡充に向けた取組として、匿名組合出資によりホテル資産保有特別目的会社を利用することにより、アゴーラ子会社が運営する各ホテル資産(不動産信託受益権)の取得を行ってきた。

その取組の一環として、保有すべき資産の効率、不動産市場の動向や将来的な収益の見通し等を総合的に勘案した結果、中長期的に安定収益の基盤を構築するためには、アゴーラグループが長期にわたり保有すべき各ホテル資産における実質的な支配力を獲得することが必要と判断、ホテル資産保有特別目的会社の共同出資者のホニー・キャピタル・ファンド2008・エルピーが出資するプライム・ハイトの株式の50%を取得するとともに、プライム・ハイトが匿名組合出資するホテル資産(不動産信託受益権)の取得を行うもの。