M&Aニュース検索

1952

新日本空調、日宝工業の株式取得について検討開始 技術の共有・新しいサービスの提供へ

  • 1
  • 2016年7月19日

空気調和、冷暖房、換気、給排水、衛生、電気、消防、計装等の設備における設計、監理ならびに工事請負を行う新日本空調【1952】は、産業施設設備事業を手掛ける日宝工業の株式を取得し、子会社化することついて、検討・交渉を開始すると発表した。

新日本空調グループは、空調を核としつつ電気、衛生、自動計装、防災等設備全般にワンストップで取り組む総合エンジニアリング企業である。

一方日宝工業は、昭和30年の設立以来、大手自動車会社や大手食品メーカーを中心とした工場の電気設備および産業施設設備の工事に強みを持っている。

新日本空調は、日宝工業の株式取得により、従来の両社の強みを活かした新たなサービスを提供することができ、さらに両社の技術力の共有等によるシナジーも十分に見込めることから積極的に検討を進める考え。