M&Aニュース検索

3865

北越紀州製紙、カナダ連結子会社3社を新設合併 国際競争力の強化へ

  • 4
  • 2016年7月1日

製糸業の北越紀州製紙【3865】は、連結子会社であるカナダのAlpac Forest Products Inc.(以下「AFPI」)、その子会社であるAlberta Pacific Forest Industries Inc.(以下「APFI」)及びAlpac Pulp Sales Inc.(以下「APSI」)の3社について、現地法に基づく新設合併を行い、あわせて商号を「Alberta Pacific Forest Industries Inc.(APFI)」にすると発表した。

北越紀州製紙は、平成27年10月に、カナダでパルプ製造事業を展開するAFPI及びAFPIが製造するパルプの販売事業を展開するAPSIを完全子会社化した。

AFPIは、カナダ・アルバータ州政府から付与された6.4百万ヘクタールの森林資源を活用する、単一工場としては北米最大の市販パルプ工場を有しており、その100%子会社であるAPFIはAFPIが工場の操業を受託している会社である。同工場で製造された市販パルプは、APSIを通じて北米をはじめとする世界各国に販売している。

北越紀州グループは、パルプの製造から販売までのビジネスプロセスを垂直統合することにより、市販パルプ事業の国際競争力の強化と事業効率性の向上、さらにはコーポレートガバナンスの強化に努めていく考え。