M&Aニュース検索

京都機械工具、連結子会社同士を吸収合併 生産拠点の最適化へ

  • 2
  • 2016年6月28日

工具メーカーの京都機械工具(以下「KTC」)【5966】は、100%子会社である北陸ケーティシーツールと、同じく100%子会社であるケーティーシーサービスを吸収合併すると発表した。北陸ケーティシーツールを存続会社とし、ケーティーシーサービスを消滅会社とする吸収合併となる。

KTCグループでは、プロメカニックが使用する汎用工具をはじめ、車載用工具、さらには自動車整備用の特殊・専用工具、各種産業用の特殊・専用工具、また、トータルな作業効率化を実現する収納機器、電気や油圧、空圧を利用した省力化機器を取扱っている。その中で、北陸ケーティシーツールは自動車専用工具および一般作業工具の製造、精密鋳造品の製造販売を、ケーティーシーサービスは金属プレス加工品の製造販売を、それぞれ行っている。

KTCグループ内の子会社の経営資源を統合し、グループにおける「ものづくり(生産)拠点の最適化」を図ることで、生産基盤を盤石なものにすることを目的として、今回、子会社間の吸収合併を行うもの。