M&Aニュース検索

日本パワーファスニング、連結子会社同士を吸収合併 業務効率向上へ

  • 3
  • 2016年6月27日

建設用ファスナー・金物及び工具類の製造・販売を行う日本パワーファスニング【5950】は、連結子会社である蘇州強力五金有限公司と蘇州強力住宅組件有限公司の合併について決議したと発表した。蘇州強力五金有限公司を存続会社とし、蘇州強力住宅組件有限公司を消滅会社とする吸収合併となる。

日本パワーファスニングは、モノとモノとを締結する「ファスナー」 及び締結工具の製造・販売を行ってきた。同社は、ファスナーを複合化したり、ファスナーとツールをうまく組み合わせることで一体化した独創的なファスニングシステムを提供。中国においては、蘇州強力五金有限公司が工業用ファスナーの製造・販売を、蘇州強力住宅組件有限公司が住宅用資材及び部品の製造・販売を、それぞれ手掛けてきた。

今回、中国の連結子会社2社を合併することにより、運営の一体化を図り、資金の有効活用と更なる業務効率の向上を目指すもの。