M&Aニュース検索

アートスパークHD,連結孫会社の株式譲渡 経営効率向上へ

  • 7
  • 2016年6月23日

コンテンツソリューション事業等を手掛けるアートスパークホールディングス(以下「アートスパークHD」)【3663】は、連結子会社のエイチアイが保有するエイチアイ関西の全株式について譲渡すると発表した。なお、譲渡価額は155,414千円だが、譲渡先については非開示。

アートスパークHDグループは、UI/UX事業において事業活動の強化を目的として、エイチアイ関西 (以下「HIK」)の株式91.7%を取得し孫会社化した。アートスパークHDグループは、経営効率の向上に努める中、技術や人材並びに財務等における経営資源の集中と配分が重要な施策と認識しており、今回、今後の出資関係についてエイチアイとHIK間で慎重に検討した結果、資本関係に縛られず相互の経営・事業戦略に応じて連携をとっていくことが、両社にとって有益との判断から、エイチアイが保有するHIKの全株式を譲渡することとなったもの。

これにより、資本関係は解消されるが、引き続き良好な関係を継続し、事業面では双方のメリットを鑑みながら適宜協力していくとしている。また、本件によりHIKはアートスパークHDグループの連結対象から除外される。