M&Aニュース検索

コニカミノルタ、英国のITサービス企業を買収 顧客サービスの拡大へ

  • 4
  • 2016年6月3日

複合機などの電気機器メーカーであるコニカミノルタ【4902】は、情報機器事業の英国販売子会社Konica Minolta Business Solutions (UK) Ltd.(以下「コニカミノルタUK」)を通じて、英国のITサービス企業であるProcessFlows Holdings Ltd.(以下「PF」)を買収し、コニカミノルタUKの100%子会社とすると発表した。

PFは、英国全土で展開するMCS(紙・電子データの文書やメール・帳票類や図面などのビジネスコンテンツを一元的に管理し、活用・保管・廃棄を適切に行う仕組みを構築するサービスの総称)をコアビジネスとするITサービス企業である。コンサル能力をもつプレセールス、ソフトウエア開発とカスタマイズに対応できる開発能力、さらに顧客の業務プロセスに深く入り込める商材・サービスポートフォリオとそのサービスの提供力に優れ、MCSを一気通貫で提供できる高いスキルを持っている。

コニカミノルタは、より深く顧客の課題解決に取り組み、顧客密着型のサービス事業を推進すべく、オフィスサービスの分野においては、成長戦略として、ハイブリッド型販売(ドキュメントソリューションとITサービスを組み合わせて提供する)の展開を掲げてきた。

英国においてハイブリッド型販売を通じた顧客提供価値の拡大を実現するため、そのノウハウと能力を備えた企業を獲得し事業基盤の構築を加速してすすめることが必要と判断し、今回の買収を決定したもの。