M&Aニュース検索

芦森工業、オールセーフを子会社化 製品力の更なる強化へ

  • 1
  • 2016年6月2日

自動車部品・繊維資材・消防用ホースなどの製造を行う芦森工業【3526】は、物流機器・介護機器の製造・販売を行うオールセーフの全株式を取得し、子会社化すると発表した。

芦森工業は、自動車用シートベルト、エアバッグ、電動リアサンシェード、各種産業用繊維資材(合繊帆布、ロープ等)、消防用ホース、消火栓用ホース、防災関連商品、管路補修システム(パルテム)を扱っており、オールセーフは、一般貨物用固定具、ラッシングベルト、航空機用貨物固定具、航空機用座席固定金具、福祉車輌用固定装置、冷凍冷蔵車用間仕切などを扱っている。

今回の子会社化により、芦森工業の産業資材部門にて製造販売している物流省力化商品を中心とした生産体制の最適化と品質向上への協働を通して、両社の製品力の更なる強化をはかり、さらにはオールセーフの有する金属加工技術を用いて、芦森工業の商品展開の拡大による事業の広域化等、企業価値の向上に資すると判断したもの。