M&Aニュース検索

ジー・スリーHD、岡山県美作市のメガソーラー事業へ共同出資

  • 4
  • 2016年5月26日

コンセプトマーケティングショップの運営や企画、プロデュースを行うグループの持株会社であるジー・スリーホールディングス(以下「ジー・スリーHD」)【3647】は、九電工、プロスペクト、BTホールディング、JFEエンジニアリングと共同で、匿名組合への出資を通じて、事業主である英田光メガソーラー発電への投資を行うことで、岡山県美作市に最大出力33MWの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設し、発電事業を行うと発表した。

ジー・スリーグループは、自社運営のコンセプトマーケティングショップ(SBY)を生かした、F1・F2層向けマーチャンダイジングやトータルマーケティングを行う総合プロデュースビジネスを行っているが、平成26年11月より子会社であるエコ・ボンズで太陽光発電事業を開始している。

ジー・スリーHDは、本事業において、自己資金により総額2.5億円(出資比率10%)を匿名組合への出資として投資する予定で、本事業は、英田光メガソーラー発電が事業運営を行い、ジー・スリーHDは匿名組合への出資比率に応じた配当収入を得るとともに、子会社のエコ・ボンズによる英田光太陽光発電所への太陽光パネルの供給を計画している。

ジー・スリーHDは、本事業を通じて、再生可能エネルギーの利用促進、環境負荷低減への貢献等の観点から環境問題への取り組みを推進し、社会への貢献を図る考え。