M&Aニュース検索

ngf

日本ゼネラルフード、富士通リフレのフードサービス事業を買収

  • 20
  • 2016年5月25日

フードサービスを幅広く提供している日本ゼネラルフード(以下「NGF」)は、総合エレクトロニクスメーカー・総合ITベンダーの富士通【6702】と食堂経営などを行う富士通リフレのフードサービス事業部門を会社分割により6月1日付で承継するFJリフレを買収すると発表した。

NGFは、社員食堂や会社寮、保養所、学生食堂などのコントラクトフードサービス、治療の一環としての治療食と機能回復のための介護食を提供するメディカルフードサービス、出張パーティーや会議、イベント向けのケータリングサービス、企業や病院といった施設内でのカフェ・コンビニサービス、弁当のデリバリーサービスを手掛けている。

富士通リフレは、富士通及び富士通グループ各社において、食堂・売店の運営を行っている。

今回、関東での営業を強化したいNGFと、社員食堂における従業員満足度向上を図りたい富士通との考えが一致し、買収に至ったもの。