M&Aニュース検索

エア・ウォーター、会社分割により子会社の一部事業を承継 グループ資金の効率的活用へ

  • 3
  • 2016年5月17日

産業ガス関連事業などを行うエア・ウォーター【4088】は、平成28年7月1日を効力発生日として、100%出資の連結子会社であるエア・ウォーター企業(以下「AW企業」)の、グループ会社資金管理事業を、吸収分割によりエア・ウォーターが承継すると発表した。AW企業を分割会社とし、エア・ウォーターを分割継承会社とする吸収分割(簡易吸収分割)となる。

エア・ウォーターは、産業ガス関連事業、ケミカル関連事業、医療関連事業、エネルギー関連事業、農業・食品関連事業などを展開する一方、M&Aを推進している。

AW企業は、ファイナンス・リース、グループ資金管理事業、ファクタリング、保険代理店業を行っている。

今回、子会社であるAW企業におけるグループ資金管理事業を、エア・ウォーターに一元化し、グループ資金のより効率的な活用を図り、M&A、設備投資等の旺盛な資金需要に迅速かつ柔軟に対応していく考え。