M&Aニュース検索

オプテックス、英国ガーダソフトビジョンを子会社化 マシンビジョン照明事業拡大へ

  • 1
  • 2016年5月13日

防犯用、産業用など各種センサを製造・販売するオプテックス【6914】は、英国でLED照明コントローラーなどを製造・販売するGardasoft Vision Limited(以下「ガーダソフトビジョン」)の発行済み株式を100%取得し、子会社化したと発表した。

ガーダソフトビジョンは、英国においてファクトリーオートメーションのマシンビジョン(画像処理)用のLED照明コントローラーや車番認識カメラ用照明などを主力事業としている。

オプテックスグループは、工場での生産ラインに使用される品質管理及び自動化における、マシンビジョン照明事業に注力している。

画像処理においてLED照明やその電源制御の精度は、マシンビジョンシステム全体の性能を左右する重要な役割を担っており、ガーダソフトビジョンが保有する製品・技術を獲得することで、トータル的なシステム提供とより確実な画像センシングを実現することが可能となる。

また、製品や技術以外の販路や業界でのネットワークといった経営資源を有効かつ効率的に活用し事業拡大を図るもの。