M&Aニュース検索

NSマテリアルズ、日本電気硝子を引受先とした第三者割当増資実施 開発協力へ

  • 3
  • 2016年5月6日

有機・無機・金属・生分子など各材料、各ナノ粒子材料の研究・開発・製造を行うNSマテリアルズは、特殊ガラス製品及びガラス製造機械類の製造・販売を行う日本電気硝子【5214】を引受先として第三者割当増資を実施したと発表した。なお、この第三者割当増資と日本電気硝子がMSマテリアルズの既存株主から発行済み普通株式を取得したことによる調達金額は、併せて735百万円。

今回の出資を通じて、両社は、NSマテリアルズが開発・製造を進める量子ドットと、日本電気硝子が持つ特殊ガラス材料技術とを組み合わせ、優れた色再現性とともに高い耐熱性・耐環境性を備える高輝度光変換ガラス部材やガラス部材に適した量子ドット蛍光体の開発を協力して進め、バックライト製品等の電子部品照明デバイスへの応用や新たな製品の開発に取り組むもの。

NSマテリアルズは、今回の資金調達により、久留米・広川新産業団地内の新工場(福岡県八女郡)における量子ドットの量産体制の拡充及び、次世代量子ドットの開発、新規の応用デバイス開発を加速していく。