M&Aニュース検索

グリー、カスタマーエクスペリエンス事業を子会社へ吸収分割 受託機会の拡大へ

  • 2
  • 2016年5月2日

ゲーム事業、インターネットメディア事業などを手掛けるグリー【3632】は、平成28年7月1日付で、カスタマーエクスペリエンス事業(以下「CX事業」)を吸収分割により、同社の完全子会社であるExPlayに承継させると発表した。

グリーでは、顧客応対の品質向上を目的に、2013年10月、宮城県仙台市にカスタマーコミュニケーションセンターを設立、さらに2015年末より、グリーグループ以外のゲーム開発会社が提供する複数の大型タイトルにおける顧客応対業務を受託しており、委託元の企業および顧客から高い評価を得ていた。

ExPlayは、これらの実績をもとにCX事業の本格開始に向けて、先立って設立されていた。

グリーのCX事業はその高い顧客応対品質を強みとし、さらなる受託機会の拡大を目的に、本会社分割により、ExPlayへ事業を引き継ぐもの。