M&Aニュース検索

日創プロニティ、建設業子会社を設立 建設業界へ進出

  • 1
  • 2016年4月28日

金属加工メーカーである日創プロニティ【3440】は、100%出資の子会社「日創エンジニアリング」を設立すると発表した。

日創プロニティは、中期経営計画において、平成30年8月期における連結売上高を100億円、連結営業利益を15億円とする経営目標を掲げ、事業領域の拡大(事業の多角化)に取り組んでいる。

この経営目標を達成すべく、平成28年3月15日付けで吾嬬ゴム工業を子会社化するとともに、建設業界への進出につきましても市場調査や事業化検討を重ねてきたが、この度、建設業界への進出が企業グループとしての企業価値の向上に資すると判断し、建設業子会社の設立に至ったもの。

今回の子会社の設立により、「太陽光発電設備」及び「耐火パネル」等に係る営業体制を強化、製品の販売を目的とする「個別受注」だけではなく、建築工事を伴う「一括受注」の営業体制を確保し、これを有力な事業基盤として位置づけるとともにグループ経営を強力に推進していく。