M&Aニュース検索

ビーロット、ライフステージを子会社化 関西エリア進出へ

  • 4
  • 2016年4月18日

総合不動産コンサルティングのビーロット【3452】は、新築分譲マンションの販売代理業を行うライフステージの全株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は880百万円。当該株式購入のため、無担保社債を発行することも併せて発表した。

ビーロットは、首都圏エリアを中心に、不動産投資開発事業を主軸として、不動産コンサルティング事業及び不動産マネジメント事業を展開している。事業拠点を東京、北海道、福岡及びシンガポールに構え、富裕層や地域社会と共存する不動産投資商品を長期継続的に企画・開発し続け、平成27年12月期には5期連続増収増益を達成している。

今回、主として関西エリアの新築分譲マンションの販売代理業務を行っているライフステージを子会社化することにより、かねてより検討していた関西エリアへの本格的な進出を早期に果たすことが可能と判断、ビーロットが有する「知名度・資金力」及び「商品の企画開発実績」とライフステージが永続的に有してきた「関西圏ネットワーク」「商品販売力」のシナジー効果により、グループの事業領域拡大と更なる企業価値向上を目指すもの。