M&Aニュース検索

3171.1

マックスバリュ九州、子会社を吸収合併 経営資源を最適化へ

  • 2
  • 2016年4月14日

九州でイオン系食品スーパー事業を行うマックスバリュ九州【3171】は、2016年9月1日付で完全子会社であるクリエイトを吸収合併すると発表した。マックスバリュ九州を存続会社とし、クリエイトを消滅会社とする。

クリエイトは、佐賀県内に「旬鮮市場」、「サンパーク」の屋号にて6店舗を展開し、生鮮食品の販売構成比が高いといった特徴がある。

マックスバリュ九州は「すべてはお客さまのために」を原点にベストローカルを実現し、九州におけるスーパーマーケット事業のリーディングカンパニーになるという経営ビジョンのもと、九州全域に店舗網を拡大し、成長戦略を推進している。

今回、クリエイトの店舗網を合併により一体化することで、佐賀県における直営店舗網を強化拡大するとともに、マックスバリュ九州の既存店との物流面での相乗効果によるコストダウンや、商品調達面でのコストメリットを享受できると考え、経営資源を最適化することにより、企業価値の向上につながると判断したもの。