M&Aニュース検索

geechs

ギークス、第三者割当増資を実施 既存事業の拡大と新規事業への投資を強化

  • 11
  • 2016年4月12日

総合インターネットカンパニーのギークスは、独立系プライベート・エクイティ・ファームのWMパートナーズが運営するファンドとみずほキャピタルが運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額3億円を調達したと発表した。

ギークスは、創業からフリーランスのITエンジニアを支援するクラウドエンジニアリング事業と、ネイティブアプリを中心としたゲーム事業、スマホアプリ事業、映像・動画制作事業などを展開しており、中でもゲーム事業においてはヒット作を生み出し、急成長している。

今回の資金調達により、ギークスの2015年度の調達総額は6億2000万円となり、新たにIP 事業として進めているカクテル擬人化プロジェクト『カクテル王子(カクテルプリンス)』のプロモーションやゲーム開発、その他の協業タイトルのリリースに向けて、より一層の体制強化を図る。また、ゲーム以外のスマホアプリやインターネットメディアなど新しい分野にも積極的に取り組んでいくもの。