M&Aニュース検索

オークファン、スマートソーシングを子会社化 経営効率化へ

  • 11
  • 2016年4月12日

国内最大級のショッピング・オークションの相場検索サイト「aucfan.com」を運営しているオークファン【3674】は、インターネット広告代理事業及び中古車販売事業を運営するスマートソーシング(以下「SS」)の株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は非公表。

オークファンは「aucfan.com」を運営し、昨年BtoBマーケットプレイスであるNETSEAを取得、これまでのBtoB、CtoCの価格情報提供事業に加え、よりマーケットサイズの大きなBtoB市場を取り込み、順調な成長を遂げてきた。

一方SSは、クラウドソーシング事業で最初に株式公開を果たしたリアルワールド(以下「RW」)を母体として誕生したRWの専属販売会社であったが、様々な顧客ニーズを満足させるにはビジネスマッチング型のクラウドソーシングモデルにも対応できるようにするためにRWよりマネジメント・バイアウト(MBO)の手法により独立系クラウドソーシング営業支援会社として事業を開始している。

今回の株式取得により、オークファングループのBtoBプラットフォームの市場参加者に対する積極的な営業活動や、Bに対するソリューション提案をより強固にするため、SSの持つクラウドソーシングを活用することで経営の効率化を追求し、両社の強みを提供しあうことで企業価値向上を図っていくもの。