M&Aニュース検索

8789

フィンテックグローバル、石渡住宅サービスを子会社化 不動産ビジネス拡大へ

  • 8
  • 2016年4月11日

事業再生や成長企業へのファイナンス支援を行うフィンテックグローバル(以下「フィンテック」)【8789】は、子会社であり不動産事業を手掛けるベターライフサポートホールディングス(以下「ベターライフサポートHD」)及びベルスが、石渡住宅サービスの全株式を取得し、同社を子会社とすると発表した。なお、取得価額は492百万円。

ベターライフサポートHDは、フィンテックグループの不動産事業「ベターライフサポート事業」を推進し、ベルスは、福利厚生のトータルサービスを手掛けている。

不動産業界のネット化がますます進む中、グループでは「eコマースを活用した不動産事業」の一つとして、ベルスの優良な顧客基盤を活用し、顧客企業の従業員に対する福利厚生サービスにおいて賃貸物件の紹介を中心に不動産事業を推進してきたが、安定した賃貸ビジネス基盤の構築と拡充が経営課題の一つであった。

一方、石渡住宅サービスは、神奈川県を中心に賃貸物件を46物件保有、社長は執筆活動を行い、広く不動産賃貸業界で活躍しており、今回、石渡住宅サービスをグループ会社とすることによりeコマースを活用した不動産賃貸ビジネスの拡大・推進を企図するもの。