M&Aニュース検索

2784

アルフレッサHD、子会社の株式を富田薬品とモロオに譲渡 連携を強化へ

  • 1
  • 2016年4月5日

国内首位の医薬品卸のアルフレッサHD【2784】は、同社の完全子会社(孫会社)で希少疾病医薬品・希少疾病用医療機器の流通事業(以下「スペシャリティ医薬品流通」)を行うエス・エム・ディの株式を、九州地区で医薬品卸売業を行う富田薬品と北海道地区で医薬品卸売業を行うモロオに対して譲渡すると発表した。アルフレッサHDの子会社アルフレッサが保有するエス・エム・ディの株式を富田薬品、モロオに対してそれぞれ20%ずつ譲渡する。

アルフレッサグループは、ヘルスケアコンソーシアムの実現に向けて、高度温度管理物流等の高い輸送技術が必要とされるスペシャリティ医薬品流通を重点分野の1つとし、エス・エム・ディが中心となり、アルフレッサグループ各社および提携している医療用医薬品卸売会社のネットワークを活用して全国でスペシャリティ医薬品の物流を既に展開している。

今回の富田薬品、モロオへの株式譲渡は、両社とスペシャリティ医薬品流通における連携を更に強化し、スペシャリティ医薬品を必要とする患者、医療機関、医薬品メーカーのニーズに応えて一層の満足度向上を図ることを目的とするもの。