M&Aニュース検索

4502

武田薬品、イスラエルの製薬企業と武田デパ薬品を設立

  • 14
  • 2016年4月1日

大手製薬会社の武田薬品工業(以下「武田薬品」)【4502】とイスラエルのTeva Pharmaceutical Industries Ltd. (以下「テバ社」)は、武田テバ薬品を設立したと発表した。また、同社の親会社であるテバ製薬は、本年10月以降に会社名称を武田テバファーマに変更する。

武田テバ薬品とテバ製薬は、長年にわたり研究開発型の製薬企業として日本をリードしてきた武田薬品と、 世界トップ10に入る製薬企業でジェネリック医薬品におけるグローバルリーダーであるテバ社が戦略的に提携することにより、オフ・パテント・ドラッグ(特許期間を満了した製品群)の提供を通じて、幅広いニーズ、及びますます高まるジェネリック医薬品の重要性に対応していくとしている。

なお、武田テバ薬品は、テバ社の連結子会社でありジェネリック医薬品事業を営む大正薬品工業が会社名称を変更した会社であり、同社は平成28年4月1日付けで武田薬品より国内における長期収載品事業を継承している。