M&Aニュース検索

9037

ハマキョウレックス、シュタープの株式取得 事業エリア拡大へ

  • 2
  • 2016年4月1日

物流事業のハマキョウレックス【9037】は、シュタープの株式の取得に関し、株式譲渡契約を締結したと発表した。

ハマキョウレックスグループは、アパレル・食品・医薬品などを中心に、物流センター事業(3PL事業)、貨物自動車運送業を主に展開しており、中期経営計画の中でも、物流センター事業を中心に、物流業務の発展および拡大を進めている。

一方、シュタープは、これまで新潟県を拠点に、近隣の地元スーパー等の優良顧客を中心に物流サービス並びに食品加工業を手掛けている。

今回の株式取得によって、ハマキョウレックスグループはシュタープが長年蓄積してきた新潟エリアでの物流サービスのノウハウや同社の取引先を新規顧客として獲得でき、日本海エリアでの拠点の拡充が可能となる。また、ハマキョウレックスグループが有する物流ノウハウを、シュタープがこれまで培ってきたノウハウと組み合わせることで、シュタープの既存の顧客にもさらに付加価値の高い物流サービスを提供することが可能となるとしている。