M&Aニュース検索

ラ・アトレ、光ハイツ・ヴェラスと資本業務提携 事業拡大へ

  • 2
  • 2016年3月31日

不動産販売事業等のラ・アトレ【8885】は、光ハイツ・ヴェラス【2137】との間で資本業務提携契約を締結すると発表した。

ラ・アトレは、平成27年3月に名古屋において「サービス付き高齢者向け住宅」2棟を取得し、高齢者向け住宅事業に参入しており、今後もさらに市場の拡大が見込まれる高齢者向け住宅事業を積極的に推進していくとしている。

光ハイツ・ヴェラスは、北海道における有料老人ホーム業界の先駆け的存在として、30年の運営実績を持ち、札幌市内に介護付有料老人ホーム6棟、住宅型有料老人ホーム2棟、小樽市にサービス付き高齢者向け住宅1棟、合計9棟、総居室数1,178室を運営している。

両社は今回の提携によって、ラ・アトレの不動産の取得・運営・管理に関するノウハウと、光ハイツ・ヴェラスの高齢者向け施設の運営ノウハウを相互活用することによって、将来的には共同事業として高齢者向け住宅の開発などを行っていく考え。

なお、今回の提携に伴い、ラ・アトレは、光ハイツ・ヴェラスの普通株式77,400株(発行済株式総数の3.70%)を、総額70百万円で取得する。