M&Aニュース検索

ピクセルカンパニーズ、ビー・エイチを子会社化 企業価値向上へ

  • 4
  • 2016年3月17日

総合企業グループのピクセルカンパニーズ【2743】は、ビー・エイチの株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は220百万円。

ビー・エイチは、カタログ・インターネットを利用したエステティックサロン等で使用する消耗品の企画・製造(OEM)を主軸として事業を展開。今後はエステティックサロン業界のみならず、 使い捨てで衛生面に秀でていることから、介護業界、医療業界、その他業界への展開並びに旅行者等の個人向けの販売を行うことにより、更なるシェア拡大を想定している。

ピクセルカンパニーズグループは、マーキングサプライ品を始めとした、消耗品商材を全国の有力な卸・小売業者、カタログ・インターネット通販企業向けに販売するマーキングサプライ事業と太陽光発電施設の販売・取次及び施工等を行う環境関連事業を主力事業として展開している。

ピクセルカンパニーズグループは、両社が有する商品調達、販売、商品開発のノウハウを共有・融合させ、物流機能・販売システムの共有・活用を積極的に推進することにより、グループ全体の企業価値向上につながるとしている。